Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H28-問6

H28-問6

防火・避難計画に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:電気室、ボイラー室は、不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備を設置する場所としては適していない。

2:防火区画は、単に部材を不燃化するだけでは不十分であり、準耐火構造の部材で構成しなければならない。

3:一定規模以上の建物では、とくに計画的な避難誘導が重要であり、一般には、まず火災階から避難を開始する。

4:人間は明るい方、建物の外周の方に避難しようとする性向があるため、この条件によれば、デパートのように外周りの方にコア(避難経路)を設けるような設計が評価される。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H28-問6

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com