Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H28-No.14

H28-No.14

蓄熱に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:蓄熱槽を設けることによって、熱源設備の容量は一般に大きくなる。

2:蓄熱運転を採用すると蓄熱槽からの冷水温度は、冷凍機の出口水温より2~3℃低くなる。

3:潜熱蓄熱には、氷蓄熱以外に、パラフィン系、水和物(ハイドレート)、共融化合物を用いたものがある。

4:氷蓄熱方式での蓄熱槽の容量に対する氷量の割合を氷充填率(IPF)といい、90%以上にしなくてはいけない。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H28-No.14

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com