Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H28-No.3

H28-No.3

建築基準法令に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:建築着工当時の法令に適合している建築物が、法令改正によって現行の規定に適合しなくなったものを既存不適格建築物という。

2:建築物の地下3階に通ずる直通階段は、原則として、避難階段としなければならない。

3:劇場等の大空間を構成する室で、天井の高さが3m以上、室内に面する仕上げを準不燃材料とした場合は、500m2を超える防煙区画が認められる。

4:4階建て共同住宅の住戸に設けるガス配管設備は、告示の基準に従い安全を確保しなければならない。

Home > 建築設備検査員講習 修了考査問題 > H28-No.3

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com