Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.17

H28-No.17

火災の作用と温度分布に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:火災時には、火源の上に火炎が形成され、放射熱などによって周囲の可燃物を加熱したり、接炎し燃焼拡大する。

2:燃焼物の発熱速度は、燃焼面の寸法の他、燃焼物の種類、形状・立体構成、周囲からの加熱条件等の影響を受ける。

3:収納可燃物量が多く、開口が小さい区画の盛期火災は換気支配型の燃焼となるが、燃焼速度は開口高さに比べて開口幅の影響が大きい。

4:火炎上方の熱気流は、周囲の空気を巻き込むため冷却されて、気流の温度は高さとともに急速に低下する。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.17

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com