Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.16

H28-No.16

火災統計に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:特殊建築物等の施設当たりの出火比率は、1世帯の住宅の出火比率よりも高い。

2:高層建物になるほど防災規制が厳しくなるため、低層建物より1棟あたりの出火比率が低下する。

3:火災原因のうち、ストーブ火災は冬季に増加するが、他の原因の火災には季節的特徴はみられない。

4:建物火災による死者数の約半数は居住用途で発生している。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.16

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com