Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.11

H28-No.11

木構造に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:針葉樹の構造用製材の日本農林規格(JAS)には、目視等級区分と機械等級区分とがある。

2:偏心によるねじれを抑えるための壁配置のルールとして、「4分割法」がある。

3:洋小屋組のろくばりには、主に曲げモーメントが作用する。

4:構造耐力上主要な部分である柱の有効細長比は、150以下とする。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.11

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com