Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.10

H28-No.10

特殊建築物等の維持保全に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:診断は、必ずしも改修とリンクしない業務である。

2:LC設計においては、構造躯体等の耐用年数の設定が不可欠である。

3:エンジニアリング・レポートの建物状況調査では、今後の修繕費の支出見込みは含まれない。

4:建築物の維持保全を適切かつ合理的に実施するためには、関係業種間の情報の伝達が不可欠である。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.10

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com