Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.7

H28-No.7

防水工事に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:トーチ工法とは、補強布を用いてウレタンゴム系防水材を塗布する工法である。

2:アスファルト防水は一般に、アスファルトルーフィングと溶融アスファルトを交互に数層重ね、下地に密着させて防水層を構成する。

3:シート防水で断熱材を併用する場合は、下地と防水層との間に断熱材を敷き込むものとする。

4:ステンレス防水は、ステンレスシートの全ての継ぎ目をシーム溶接によって連続溶接し、防水層を形成するものである。

Home > 特定建築物調査員講習 修了考査問題 > H28-No.7

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com