Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.27

H27-No.27

コースターの定期検査で、「要是正」とするものは、次のうちどれか。

ただし、製造者が定める基準値はないものとする。

1:ウレタン主車輪(設置時の厚みが15mm)の摩耗検査で、摩耗量が3mmであった。

2:鋼管レールの摩耗の状況検査で、走路面の厚みを超音波厚み計で測定したところ、当初の厚さ12mmのものが10.5mmだった。

3:巻上用チェーンの軸の摩耗の状況検査で、軸を5本抜き取り、直径を測定した(当初直径が20mm)ところ、最小17mmであった。

4:すべり軸受けで設置時の直径が30mmであった車両連結軸の摩耗の状況検査で、軸受けとの隙間を測定したところ、0.1mmであった。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.27

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com