Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.26

H27-No.26

遊戯施設の定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:基礎コンクリートは不同沈下や移動がなく、そのき裂幅もおおむね幅0.3mm以下であったので、「指摘なし」とした。

2:設置時の厚みが20mmのベースプレートの錆及び腐食の状況検査で、外観上薄い錆はあったが、錆を除去して測定したところ17mmあったので、「指摘なし」とした。

3:柱の支持部材に著しい錆があり、錆を落とし厚みを測定したところ、設置時の厚みの95%だったので、「要重点点検」とした。

4:構造部材の接合ボルトが1本だけだが脱落していたので、「要是正」とした。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.26

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com