Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.21

H27-No.21

ロープ式エレベーターの定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:巻上機(減速装置)の潤滑油の劣化の状況を検査したところ、経年劣化により白色のものが茶褐色になっていたので、「著しい変色」と判断した。

2:下部ファイナルリミットスイッチが、油入緩衝器のストロークの1/2を超える前に作動したので、「指摘なし」とした。

3:片引き戸のかごの戸のスイッチ作動状況を検査したところ、全閉前100mmでかごが動いたので、「指摘なし」とした。

4:定格速度が90m/minのかご側の調速機を検査したところ、キャッチの作動速度が120m/minであったので、「指摘なし」とした。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.21

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com