Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.18

H27-No.18

油圧エレベーターの定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:油圧エレベーターの圧力計の損傷の状況は、目視により検査する。

2:油圧エレベーターの流量制御弁の検査で、「かごの加速時若しくは減速時に異常な衝撃があること」とは、起動時のかごの飛び出し、急加速、急減速及び急停止が原因でかご内で感じる衝撃があることをいう。

3:油圧エレベーターの圧力計の作動の状況検査で、「作動が確実でないこと」とは、エレベーターの運転中に圧力計の指示値の変化がないこと及びエレベーターの停止中に圧力計が停止時の指示値(静止圧)に戻らないことをいう。

4:間接式油圧エレベーターの主索の径の状況検査で、最も摩耗の進んだ部分の直径が綱車にかからない部分の直径の88%であったので、「要重点点検」とした。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.18

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com