Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H27-問22

H27-問22

定期検査業務基準に示す水幕を形成する防火設備の判定基準に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:散水ヘッドの設置の状況を検査したところ、散水ヘッドに塗装や異物の付着等があったので「要是正」とした。

2:貯水槽の水質及び水量の状況を検査したところ、水質に著しい腐敗等があったが、規定の水量が確保されていたので「指摘なし」とした。

3:呼水槽の状況を検査したところ、呼水槽の水量が規定量の1/2でポンプの起動に支障があることから「要是正」とした。

4:加圧送水装置用予備電源への切り替えの状況を検査したところ、自動的に予備電源に切り替わったので「指摘なし」とした。

Home > 防火設備検査員講習 修了考査問題 > H27-問22

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com