Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.26

H27-No.26

建築設備定期検査報告業務基準及び定期検査に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:防火ダンパーの温度ヒューズを確認したところ、空調ダクトは72℃、厨房の排気ダクトは280℃であったので、「指摘なし」とした。

2:排煙口は手動開放装置で開放できなかったが、中央管理室で24時間、防災・警備を行っており、排煙口を遠隔操作で開放することができたので、「指摘なし」とした。

3:非常用の照明器具の照度測定をしたところ最低照度は満たしていたが、非常用照明器具の低温特性が改善されていない省エネランプであったので、「要是正」とした。

4:給水タンクの通気管とオーバーフロー管には防虫網が設けられていたが、水抜き管には防虫網が設けられていなかったので、「要是正」とした。

Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.26

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com