Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.25

H27-No.25

建築設備耐震設計・施工指針等に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:「建築センター指針」では、適用する設備耐震を高さ60m以下の建築物に設置される建築設備の据付け・取付けとしており、機器本体の耐震性能は別途製造者により確認されているものとしている。

2:横引き配管で40Aを超え50A以下の配管については、耐震支持の適用を除外することができる。

3:アンカーボルト用として鋼製架台に設ける穴開け寸法は、ボルト径+5mm程度とする。

4:耐震クラスBであれば、設備耐震グレードⅠのすべてを満足している。

Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.25

Page Top

© 2018 調査資格者・検査資格者.com