Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.15

H27-No.15

建築火災に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:高層建築では階段、エレベーター、設備シャフト等の竪穴などを通じて煙が上階に伝播しやすい。

2:建築が大規模になるほど煙死の危険性は減少する。

3:火災による死者の6割は「逃げ遅れ」によるものである。

4:火災の初期消火対策の1つとして、スプリンクラー設備による消火がある。

Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.15

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com