Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.23

H27-No.23

防火材料に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:防火地域にある建築物の屋根は、全て不燃材料で構成されていなければならない。

2:防火材料の防火性能は、熱、煙、有害ガス、防火上有害な変形等を生じないことについて、同一時間内における熱や煙の発生量に基づいて、不燃材料、準不燃材料、難燃材料などに級別される。

3:防火材料の最も重要な役割の一つは、内装に用いて出火及び火災初期における火災の拡大を防止することである。

4:防火材料を屋外に使う場合にも、ガスや煙が発生しないことが要求される。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.23

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com