Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.22

H27-No.22

各種建築物の防災計画及び維持管理に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:物販店舗では避難が迅速に行えるように、前室や廊下を設けず売り場に直接面して避難階段を設置する計画が望ましい。

2:大規模物販店舗では、避難階段や火災状況をどこからでも見渡せるように開放的なシャッター区画を積極的に用いるべきである。

3:OA化の進んだ事務所ビルでは、従来と比べて家具や機器に燃え難いものが増えているため、火災に対する安全性は非常に高くなっている。

4:避難階では、避難階段から直接外部に出るか、居室などと区画された安全な通路を経由して外部に出るような計画が望ましい。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.22

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com