Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.20

H27-No.20

防災計画の基本的な考え方についての記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:過去の火災事例の分析を基にすると、大きな火災被害をもたらす要因は、維持管理や使い方のミス・不適切さに問題が多い。

2:フェイルセーフとは、人間による間違いの発生防止を考慮した誰にでも分かり易い設計のことである。

3:防火安全の目的を火災進展に対応して分類すると、出火防止対策、覚知・発見、初期展炎防止・初期消火、拡大防止、煙制御、避難安全、倒壊防止、本格消火・救助に分けることができる。

4:防火安全を達成するには、設計、施工、維持管理、使用の4つの段階を総合的に計画する視点が必要である。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.20

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com