Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.17

H27-No.17

火災時の建築材料の燃焼挙動を説明する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:木材のような天然素材は、人体にとって有害なガスを多量に発生する燃え方をしない。

2:くん焼とは、火炎をともなわないで燃焼が継続される現象で、有毒ガスを発生しにくい。

3:内装や家具等に触ったときに温みを感じるような熱伝導率と密度と比熱の積が小さい材料は、加熱に対し着火しやすい。

4:建築材料に使われる可燃物に、外部から放射熱を加えた場合、その材料が着火に至るまでの時間は、材料の種類によらず、加熱強度が同じであれば、ほぼ同じとなる。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.17

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com