Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.12

H27-No.12

鉄筋コンクリート造の構造計画に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:大ばりの間隔が大きいので小ばりを設けた。

2:地震動による慣性力は床位置に集中させた。

3:せん断破壊しないように柱と腰壁を切り離した。

4:柱を平面でできるだけ直線上に並ばないように配置した。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.12

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com