Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.8

H27-No.8

建築基準法令上に関する記述として、誤っているものは、次のうちのどれか。

1:単体規定は、特に条例による制限の附加等がない場合は、全国統一適用である。

2:耐火建築物の柱には、構造耐力上支障のある損傷を生じない耐火性能が求められる。

3:防火構造には、建築物の周囲において発生する火災からの延焼を防ぐことが求められる。

4:隣地斜線制限は、隣棟からの延焼を防ぐために設けられている。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.8

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com