Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.1

H27-No.1

建築基準法令に関する記述として、最も適切なものは、次のうちのどれか。

1:事務所ビルは建築基準法第6条第1項に規定する特殊建築物に該当しないので、特殊建築物等の定期調査の対象とならない。

2:特殊建築物等の定期調査の結果報告は、おおむね6月から3年までの間隔において、特定行政庁が定める時期とされている。

3:特殊建築物等の定期調査ができる専門技術をもつ資格者は、国土交通大臣登録講習の修了者だけである。

4:特殊建築物等の定期調査で報告すべき事項は、すべて特定行政庁が定めている。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H27-No.1

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com