Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.22

H26-No.22

遊戯施設に関する記述で、建築基準法上、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:2本以上の主索により客席部分を吊っている場合、その1本が切れたときの残りの主索の安全率を限界安全率という。

2:遊戯施設の駆動装置には、油圧ポンプ出口側と油圧モーター等の間に適切な圧力計を取り付けるほか、保守点検に必要な装置を取り付けなければならない。

3:遊戯施設は、法第7条の6の規定が準用され、検査済証が交付されるまでの使用が制限される。

4:平成12年以前に法第38条による大臣認定が必要であった木造コースターは、現法令でも大臣認定を取得しなければならない。

5:遊戯施設は、設置環境に応じて腐食及び腐朽が起こらない材料を使用するか、充分な防錆措置を施す必要がある。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.22

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com