Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.20

H26-No.20

ロープ式エレベーターの定期検査に関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:エレベーターの施錠装置のラッチ係合部分の寸法が6mmかかっていたため、「指摘なし」とした。

2:エレベーターの施錠装置の取付けの状況を聴診で確認した。

3:昇降路のドアスイッチが閉じたのち、施錠装置が機械的に係合したので、「指摘なし」とした。

4:昇降路救出口の施錠装置は通常運転における安全とは無関係なので検査しなかった。

5:施錠装置の劣化の状況検査で、ロック機構に変形があったので、「要重点点検」とした。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.20

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com