Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.17

H26-No.17

油圧エレベーターの定期検査に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:間接式油圧エレベーターの主索の検査で、最も摩耗の進んだ部分の直径が綱車にかからない部分の直径の95%であったので、「指摘なし」とした。

2:電動機主回路の接触器の主接点を目視検査したところ、著しい摩耗があったので、「要是正」とした。

3:圧力配管の検査で、配管が水に浸かっていたので、「要是正」とした。

4:圧力計の目視検査で、少し傷があったが、圧力表示に影響があるような損傷ではなかったので、「指摘なし」とした。

5:高圧ゴムホースの油漏れの検査で、油のにじみがあったので、「要是正」とした。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.17

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com