Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.15

H26-No.15

昇降機に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:寝台用エレベーターは、乗用エレベーターに比べ緩和された規定があるため、人のみを運ぶ場合は、定員厳守等十分な管理が必要である。

2:非常用エレベーターは、緊急時に乗客が避難に使用するエレベーターで、法令上、高さ30mを超える部分の床面積の合計が500m2を超える建物に設置が義務付けられている。

3:工場、倉庫等の事業所に設置されるエレベーターは、労働安全衛生法の適用を受ける。

4:トラクション式巻上機の綱車とロープ間の摩擦係数は綱車溝の形状によって異なり、その大きさは、一般的に「丸溝<アンダーカット溝<Ⅴ溝」の順である。

5:エレベーターの歯車付き巻上機には、ウォーム減速機やヘリカル減速機を用いたものなどがあり、ヘリカル減速機はウォーム減速機よりも省エネルギーの効果がある。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.15

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com