Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.14

H26-No.14

昇降機の耐震に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:「昇降機耐震設計・施工指針2009年版」は、エスカレーターについても適用の対象である。

2:深溝型でない綱車の綱車端部の外径とロープガード間の寸法Cは、ロープ径が12mmの場合、9mm以下としなければならない。

3:「昇降機耐震設計・施工指針2009年版」において、耐震クラスA09は、一般建築物施設での耐震性能を示し、官公庁関連施設や病院等重要性の高い建築物には、A09の約1.5倍の設計地震力に対応する耐震クラスS09を推奨した。

4:24キロレールの釣合おもり側レールの計算で、釣合おもりの枠に中間ストッパーを設けた場合は、レールにかかる荷重を0.7倍に低減することができる。

5:地震時管制運転装置は、地震感知器の検出により、かごを避難階に直行運転させる装置である。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.14

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com