Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.3

H26-No.3

昇降機に関する記述で、建築基準法上、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:エレベーターに無関係な配管を昇降路内に設置することは、基準に適合するものを除き禁止されているが、小荷物専用昇降機の昇降路には、この制限はない。

2:昇降機の型式適合認定とは、政令で定める構造基準等の一連の規定に適合していることについて認定を行うものである。

3:型式部材等製造者の認証では、製造段階での品質レベル保持の確認のため、工場審査が行われる。

4:構造方法等の認定対象は、政令で掲げる基準に適合するものとして「国土交通大臣の認定を受けたもの」と記述される部分である。

5:法第37条で定められた材料を使用すべき、安全上、防火上、衛生上重要な建築物の部分は、エレベーターにおいては、主索が該当する。

Home > 昇降機検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.3

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com