Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.14

H26-No.14

避難計画、排煙計画及び排煙設備に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:フラッシュオーバー発生の時期は、燃焼物の燃えやすさだけでなく、内装材の種類や開口部の大きさにより左右される。

2:避難のために必要な見通し距離は、事務所ビル等の利用者が内部を熟知している建物の場合では5m程度である。

3:第一次安全区画とは、安全区画を段階的に設定した場合における避難経路上の最初の安全区画をいう。

4:フェイルセーフとは、システムの一部が故障しても大事に至らないような防止システムあるいは代替システムを用意しておくことをいう。

5:機械力を用いた排煙方式は、自然排煙方式に比較して、排煙能力が建築要因や環境要因に影響されにくい。

Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.14

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com