Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.11

H26-No.11

空気調和設備のボイラに関する記述で、最も適当なものは、次のうちどれか。

1:鋳鉄製ボイラは、材質上、高温、高圧に適している。

2:炉筒煙管ボイラは、容量の割にはボイラの据付高が高い。

3:貫流ボイラは、出力に対して水容量が大きいため、運転開始時の立ち上がりが遅い。

4:立てボイラは、垂直に立てた円筒形ドラム内に円筒形の燃焼室と煙管又は水管がある。

5:真空式温水発生機(真空温水器)は、運転中の内部圧力が大気圧より高い。

Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.11

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com