Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.1

H26-No.1

定期検査制度等に関する記述で、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1:建築物の維持保全には、多くの場合技術的に素人である所有者・管理者等に対する技術専門家の助力が必要とされている。

2:建築物を適正に維持保全するためには、建築設備の点検結果等についても整理し、常時維持保全業務に利用できるよう保管する必要がある。

3:定期検査の報告先を特定行政庁としたのは、報告に基づき違反事項又は著しく保安上危険な事項について、特定行政庁から行政指導を行うためである。

4:適切に造られた建築設備といえども、適正に使われていなければ、その性能発揮は期待できないし、安全性の確保もおぼつかない。

5:建築設備の定期報告には、報告書及び定期検査報告概要書を添付することとなっており、検査結果表を添える必要はない。

Home > 建築設備検査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.1

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com