Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.14

H26-No.14

カーテンウォールの調査・診断に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:スチール製カーテンウォールの調査では立地条件、経年、表面処理の仕様などを確認する。

2:メンテナンスの頻度は、アルミ製カーテンウォールの劣化の進行速度に影響しない。

3:PCカーテンウォールでは、表面仕上げ材の剥離が問題となる。

4:ステンレス製カーテンウォールは、錆の発生程度により対策が異なる。

5:金属カーテンウォールでは、電食が問題となる。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.14

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com