Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.7

H26-No.7

建築施工における契約方式に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:総価請負契約とは、工事費の総額を請負代金として定める方式である。

2:単価請負契約とは、内訳明細と単価を明示し、これに数量を乗じて請負代金として定める方式である。

3:実費加算報酬契約とは、工事実費に請負業者への報酬を加算して支払う方式である。

4:一式請負契約とは、工事全体を一括して単一の請負業者が請負う方式である。

5:共同請負契約とは、工事全体を分割し、複数の請負業者がそれぞれ請負う方式である。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.7

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com