Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.6

H26-No.6

建築設備に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:一般居室での室内環境基準は、浮遊粉じんと二酸化炭素が対象となる。

2:変風量方式は、各室の熱負荷の変動に応じて、空調空気の送風量を調整する。

3:建築高さが18mなので、避雷針を設置しなかった。

4:節水のために、冷却塔補給水に雨水を利用した。

5:電力会社からの商用電源が停電した場合、防災用、業務用負荷に電源を供給するために、自家用発電設備を設置した。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.6

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com