Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.5

H26-No.5

建築構造材料に関する記述として、最も不適切なものは、次のうちのどれか。

1:外力や荷重によって構造物またはその部分の内部に生じる力の強弱を「ストレイン」という。

2:内部応力によって構造物またはその部分に変形が生じるが、長さ当たりの変形を「ひずみ度」という。

3:建築構造では、ねばり強い性質のことを「靭性(じんせい)」があるという。

4:「弾性係数」は「ヤング係数」とも呼ばれる。

5:「クリープ」は、固体が継続的な応力を受けているときに変形が進行する現象である。

Home > 特殊建築物等調査資格者講習 修了考査問題 > H26-No.5

Page Top

© 2018-2020 調査資格者・検査資格者.com